www.bike-d.com
フリーローンなどの支払い方式というものは、企業各個で相違というものがあって、様々なやり方が取り入れられております。基本的なところでは残高スライド方式やリボ方式などが導入されているようです。そしてこんな誰しもが知ってるリボですが実際のところ勘定法におおくの種類といったものがあるのです。それ故さような形式によって引き落し合計額が変わってしまうので、知っておいて損はないと思います。じゃあ簡便にそれぞれの方式の違いについてを説明していきましょう。はじめは元金均等払いでその次は元利均等払いというものです。両者はその名のとおり、元本についてを一様にして返済していくというのと元金と利子についてをあわせて均分に支払っていこうという方式です。この場ではもし10万円をカードキャッシングしたと設定し具体的にいかなる計算をするかみてみましょう。利分についてはどっちも15%というように算定します。更にリボ払いなどの額を1万円とし考えます。はじめに元金均等払いです。こんな場合のはじめの支払いは1万円に対して金利分1250円を加えた支払額となります。2回目の引き落しに関しては1万円に対して金利1125円を計上した額へとなります。こうして総回数10回にて返済をし終えるといった様式となります。これに対して元利均等払いとは初回の支払いは1万円ですが元金に8750円、金利に1250円と言うように割り振りをします。その次の返済は元金が8750円に減少した状態にて利率を算定して、1万円を更にまた分配するのです。つまり、元利均等払いの場合では10回で支払いが完了しないという勘定になってしまいます。これだけの差異で両者がいかに異なっているのかたっぷり分かって頂けたことでしょう。元利均等というのは元金均等に比べ元本が縮小していくのが遅延しているという難点というのが存在したりします。すなわち利率といったものを余計に返済するという状態になるのです。他方1回の支払が些少な金額ですむというような強みというものもあったりするのです。このような返済手法に関する違いに呼応して、引き落し金額は変わってきたりしますのでご自身の計画に合った方法をするようにしていきましょう。